スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Larry Clark



 

1943年オクラホマのタルサ生まれの写真家。
高校卒業後2年間美術学校に通う。
軍に徴兵され、1966年にベトナムに行く。
16歳頃から友人と共にアンフェタミンを打つようになった。
常にカメラを持ち、1963年から1971年まで自分たちがドラッグを打つ写真を撮り続ける。
1971年に写真集「Tulsa」を発表。
1983年に「Teenage Lust」を発表した後、1995年に映画「KIDS」を制作。
現在は映画製作を中心に活動。

「Tulsa」と「Teenage Lust」をみたけど、かっこいい。
ほんまに、かっこいい。
カメラが向けられてるのはただの10代のやんちゃな日常やのに写真は映画のワンシーンみたいな雰囲気が出てる。
実際に、映画「タクシードライバー」や「ドラッグストア・カウボーイ」に影響を与えたといわれてるみたい。
こんなすごい雰囲気の写真は無理やけど、自分らの日常の写真でいい感じの写真をとりたいです。


現在ラリー・クラークは映画を作ってるみたい。
内容は捨てられて養子になった子供と周りの人たちとの話みたい。
完成は5月らしい。いつ日本でみれるんやろ。気になる。


Jody Rogac

 http://jodyrogac.com/

イングランド出身、カナダ育ちのフォトグラファー。
現在はブルックリン在住。
ポートレイトやファッションをの写真を中心に活動する。

女の人が撮る女の人のヌードは綺麗な写真が多い。
あとファッション系のヌードも。
ほんまに女の人の線って綺麗やと思います。
この人に日本人を撮ってほしい。

Harvest by haroshi


2003年よりHIROSHERと春巻が『HARVEST』名義で使い古されたスケートボードを加工・造形し、プロダクトやアートピースを製作する活動を開始。
これまでにBURTON、任天堂、FTC等との数々のコラボレーションを実現させている。
2009年より『haroshi』名義で活動を開始。

この人たちもスケーターで、使わなくなった板を再利用してます。
これめっちゃいいとおもう。スケーターがやってるからなおさらカッコいい。
もし、スケートボードに関係ない人が同じもん作ってもただすごいな、で終わるやろな。
まぁ、スケーターじゃないとこんな事思いつかへんやろうけど。
やっぱスケーターの視点はおもしろい。SKATE EYEやな。

高校のときはほんまにすぐに板折れてたな。真ん中で。
表面にヒビいく前に中の板が割れてるの足の感覚でなんとなく感じてたわ。もうすぐ折れるなーって。
最近は全然折れへん。滑ってもいいひんし、練習量も減ったから。あかんなー。
でも、滑ったときの楽しい感じは変わらん。


Wazza Wall



 

NIKEiDとdigmeoutがコラボレーション!
心斎橋にあるNike Osaka店内の壁面に若きアーティストたちが渾身のグラフィックをぶつける可能性あふれるプロジェクト。
第5弾「吉田依子」作品が1月15日よりNike Osakaに登場。

1枚目 : RYOHEI YAMASHITA
2枚目 : Takeshi Saito
3枚目 : 3sai.

んーdig me outってかんじです。

!SUNDANCE!2010@CLUB METRO



iroha∞BLACKSMOKER∴PUBLIC RIDDIM presents

!SUNDANCE!2010
☆SKUNKHEADS "ANTI-HERO"RELEASE PARTY☆


京都で毎年開催されるジャンルレスなオト祭り!SUNDANCE!
独自のイロとニオイを持つ表現者たちが 地下の奥のカラフルな場所に集まる夜
2009東京、京都の2カ所で開催し大盛況に終え勢いを増し
2010京都METROで開催が決定!!!!!!
クセになる!SUNDANCE!のイロとニオイを味わってみませんか

今回はイベントについて。
昨日色葉さん主宰の!SUNDANCE!2010に行ってきました。
自分中では最後のOBRIGARRDが一番やばかった。。。 
画像はフライヤーと看板です。
看板制作にはなおきも参加しました。
絵をみたらわかる人にはわかると思います。
てか、色葉さんの世界観すごい・・・。
いい影響、刺激受けます。
こんな風に新しいつながりを大切にしていきたい。
俺らも、新しい看板つくらな。。。

HITTEN SWITCHES




HITTEN SWITCHES(TRAVIS MILLARD & MICHAEL SIEBEN)

MICHAEL SIEBEN

TRAVIS MILLARD



Ollieに載ってたこの二人の記事が絵描きたい!と思ったキッカケでもあります。
TRAVISの「ジンなんか誰でも作れるよ!」ってゆう言葉に勇気づけられたなーというお話でした。

ほんで誕生日にある人からTRAVIS MILLARDから取り寄せてもらったというHITTEN SWITCHESのジンもらいまして、その封筒ごともらったんやけど、
その封筒には手書きでイラストと宛名を書いてくれてて、めっちゃ洒落てた。

TRAVIS MILLARD超いい人。

fin.

森村泰昌


日本の現代芸術家。大阪市天王寺区細工谷町生まれ。大阪市在住。
セルフポートレートの手法を使い、自らの身体を使って世界的に有名な絵画や有名人などを表現する。
大阪市立桃陽小学校から大阪市立夕陽丘中学校を経て大阪府立高津高等学校を卒業。
1年間の浪人生活を経て、1971年、京都市立芸術大学美術学部工芸科デザインコースに入学。
世に良く知られた西洋の名画(エドゥアール・マネ、ルーカス・クラナッハ、ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティ、レンブラント・ファン・レイン、レオナルド・ダ・ヴィンチ、フリーダ・カーロなど)になりきるにあたって、絵の構成や背景の物などに至るまで詳細なリサーチを重ね、ライティングやフェイスペインティング、合成やCGなども利用して人物配置、色調、光の位置などまで再現する。
一枚の写真のなかに人種・民族・ジェンダーなどの問題、作家や美術に対する愛情、美術史の過去から現在に至る研究の積み重ね、画集などのコピーを通じてよく知っている作品のイメージに対する揺さぶりなどを提起している。
また、世界的に知られたオリジナルの作品のイメージや、作品内の小道具を代用する大量生産のまがいものやローカルな産品を、彼自身の肉体が入り込む一枚の写真に統合することで互いの距離をゼロにしてしまっている。
オリジナルとそのコピーが混在して消費されている現在を表現している作家といえる。

東京都写真美術館の「REQUIEM」を観てきた。
映像が面白かった。この人の視点好きやわ。

The Barnstormers

http://www.thebarnstormers.org/

05年、アメリカノースカロライナ州キャメロンにある廃屋を、同州ウィンストンサレムのミュージアムSoutheastern Center for Contemporary Artにメンバー自らが移して建て直し、その壁面に22人のアーティストが次々にペイントを行った映像。
参加メンバー:Chuck Webster、Martin Mazorra、SASUKAMIMadsakiChe JenJose Parla、Chris Mendoza、Mike Houston、Alex Lebedev、Mike Ming、Swoon、Diskah、South、Kiku Yamaguchi、David EllisMaya Hayuk、Blust One、West One、Yuri ShimojoKenji HirataRostarr


NYと東京のアーティストを中心に、大型のコラボ・ペインティング、映像、パフォーマンスを行う、総勢20人を超えるアーティスト集団。
1999年、ノースカロライナ州キャムロンの農場で、地元の協力をもとに納屋や農器具などをペイントしていったイベントをきっかけに結成。
現在も、キャムロンに時折戻りつつ、アメリカ国内のみならず日本など世界中のギャラリー、美術館で作品を発表し、高い評価を得ている。

Spencer Tunick

 http://www.spencertunick.com/

アメリカの写真家。
彼は大人数の裸の人々が芸術的な編成で姿勢を整える姿が特徴の写真で有名である。
それらの写真では、あまりにも多くの人間が身を寄せ合って写真に収まるため、個々の裸体は抽象的なものとなる。
インスタレーションという技法を用いて、世界中の都市で撮影が行われることも少なくない。
また郊外の森林や海岸でのインスタレーションも行われており、さらには個人撮影や少人数の撮影もたびたび行われている。
1994年までには、アメリカを含め様々な国の65ヶ所を超える場所に関連付けたインスタレーションを企画し、撮影を行った。
チュニックは、世界中から賞賛を集め、ブルッヘ、ブエノスアイレス、バッファロー、ロンドン、リヨン、メルボルン、モントリオール、サン・セバスティアン、サンパウロ、カラカス、ニューカッスル、ゲーツヘッド、ウィーン、デュッセルドルフ、サンティアゴ (チリ)などで撮影を行った。
今年もシドニーで5000人以上の全裸のモデルを1時間以上にわたり撮影をした。


この人の写真を見てたら人間も動物やなって思います。

Till Gerhard


1971年生まれ。
ハンブルク出身のアーティスト。
彼はアートをシャーマニズムと同様の効果があると語る。
彼の作品のモチーフは、きわめてカルト宗教的で不気味。
カメラで捉えたフレアの光までも描く演出は、宗教的な要素と絵画的な問題の両方にマッチしていて、とても魅力的なものに仕上がっている。