スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Thanka



タンカ(Thanka)は、チベット文化圏(中国チベット自治区、ネパール、ブータン、モンゴル、北インド方面)で作られる布に描かれた宗教画です。
チベットでは「タングゥー」と呼ばれていたようです。 
西チベットでは、ふつう白亜と動物の膠によって地塗りされた綿織物に描かれ、掛け軸のように表装されて飾られます。
顔料は伝統的な鉱物からのものと、染料から作られたものを使われました。
タンカは、インドからチベットへ伝播した仏教がその地に根付き、チベット文化圏で発達した独特の宗教画です。 

細かいし、模様とかすごい。
色もかっこいい。

曾我蕭白

  

江戸時代の画史においてすでに「異端」「狂気」の画家と位置付けられていた蕭白の絵は、仙人、唐獅子、中国の故事など伝統的な画題を扱いながら、その画題を醜悪、剽軽に描き出すなど表現は型破りで破天荒なものであり、見る者の神経を逆撫でするような強い印象を与えずにはおかない。

NOVOL


1979年岐阜生まれ。
2002年、Jazzの迫力ある演奏と鬼気迫る顔に衝撃を受け、以来<顔>を描き続けている。
演奏者の一瞬の顔から、静寂、炎、魂を感じ、幾十もの色をぶつけ感情的に描き、過去の音を現在の色へ変化させ、描かれた顔から生きる力を、<今>に提唱する。
現在、壁画制作、ペイント作品、独特のラインパターンで描かれるドローイング作品、CD&LPジャケットデザイン、フライヤー、LIVEPAINTING等、様々な表現で活動中。
そして、旅と人との出会いを楽しみ、体と活動の幅を広げている。

JONJON GREEN




JONJON GREEN by Youta Matsuoka
群馬出身、多摩美術大学美術学部卒業。
2004年アジア、ヨーロッパ放浪からの帰 国より創作活動を開始。
多様な表現方法を自在に操り、ライブペイント、壁画、グラ フィック、立体、と表現メディアを問わず作品を制作する。 

高芳 (Gao Fang)



1979年湖南省の省都である長沙市生まれ。

中国の絵もおもしろいのいっぱいありそう。

Diego Beyró



アルゼンチンのブエノスアイレス生まれのアーティスト。
圧倒的なデッサン力に裏付けられた、シンプルで強烈なポートレート。
人権問題を扱ったキャンペーン・ポスターなどや
テーマ性をもったパーソナル・ワークを多く作っている。


Que Houxo a.k.a Questa


 
「光」をモチーフに描く美術家。
グラフィティライターであったキャリアを含め99年より活動を開始。
その後、キャンバス作品制作及び展示、ライブペイントや壁画制作、
ブランドとのコラボレートなどを精力的に行い、
見る者に生命力を喚起させる表現を探求する。
また、ライブペイントを主軸に置いた初のショウケース、
「HUOVA」を企画するなど活動の幅は広い。

Takao Niikura

新倉孝雄 アーティスト






北中米を絵を描きながら旅し、その後サンディエゴで創作活動に専念。 帰国後は東京駒沢に「喫茶Nico」をオープン。
積極的に制作活動を続けるサーファーでありスケーターでもあるアーティスト。

色彩と奔放さがすごいです。