スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Jen Stark

http://www.jenstark.com/index.php

1983年生まれ。アメリカのフロリダ出身。
主に紙彫刻を制作するが、ドローイングやアニメーションも手がけている。

Chloe Early

 http://chloeearly.com/

1980年アイルランドのコーク生まれの画家。
2003年にダブリンのNCAD(National College of Art and Design)を卒業。
その後、コーク、ダブリン、ロンドン、ロサンゼルスで活動を行い、現在はロンドンを拠点に活動している。
BLK/MRKTに所属している。

James Benjamin Franklin



情報がありません。
色がきれい。作品はシュールやけど、メッセージ性のあるものが多い。

Henry Darger



1892年生まれ。  
誰に見せることもなく半世紀以上自分の妄想・願望を作品として書き続けたが、死後にそれが発見され、のちにアウトサイダーアートの代表的な作家として評価されるようになった。

Danna Ray


 http://www.dannaray.com/

アメリカのサウスカロライナ出身。
1981年生まれ。
ヴァージニア州立大学出身。

なんとなく懐かしい感じがする作品が多い。
この木につるされた帽子、綺麗です。

Alex Grey


1953年11月29日アメリカ、オハイオ州生まれ。 
幼い頃から父の影響で絵を始め、近所で虫や動物の死骸などを集めては裏庭でそれらを葬っていたという。
その後はColumbus College of Art and Design、Boston Museum Schoolでアートを、Harvard Medical Schoolの解剖学部では人体構造及び死体解剖を学んでいる。
そこに超心理学や宗教的観念に基づいた独自の解釈を加え、唯一無二の世界観に昇華させている。
 Alex Greyの作品は、TOOL, the Beastie Boys, Nirvana,Kenji WilliamsなどのCDアルバムのジャケット、Newsweek magazine、ディスカバリーチャンネル、レイブパーティーのフライヤー、アシッドのブロッターシート、世界の美術館等で見る事ができる。また2001年には300枚ものカラーと黒白写真から構成される大判モノグラフ“Transfiguration”が発売され、こちらでもALEX GREYの世界を堪能できる。
現在もニューヨークほか世界各国で、妻でありアーティストのAllysonと共にアートの講義や様々な活動を行っており、様々なジャンルから高い評価と熱狂的支持者を得ている。 

Rita Ackermann

 

1968年、ハンガリー・ブダペスト生まれ。現在NY在住。
アカデミー・ファインアーツで学ぶ。
自画像のような女の子の作品が多く、有名。
ヨーロッパや日本など世界各地で個展を開き活動している。
「Angel Blood」というバンドも結成いる。

Boris Tellegen (DELTA)




http://www.deltainc.nl/

オランダのアムステルダムで活動するグラフィティーをバックグラウンドに持つヴィジュアル・アーティスト。
建築学を学び、DELTAとして独特の建築的なグラフィティを描いていたが、現在はストリートから離れ、Boris Tellegenとしてドローイング、ペインティング、映像、インスタレーションと様々な作品を作り続けている。

Matt Leines



ニュージャージー出身のアーティスト。
ケルト模様に影響を受け、紛争や動物を描く。 

Kelsey Brookes

http://www.kelseybrookes.com/

アメリカ、サンディエゴ出身。
RVCA所属