スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Paul Fusco



1930年、アメリカのマサチューセッツ州に生まれる。
1940年代より写真に興味を示し、
1951年から3年間写真家としてアメリカ陸軍通信隊に所属する。
1957年、オハイオ大学でフォトジャーナリズムの学士号を取得。
同年より1971年の長きに渡り「ルック」誌を代表する専属写真家として活躍し、アメリカ各地を取材した。 
1974年、多くのマグナムの写真家の推薦によって正会員として迎えられた。

写真は2000年に編集された写真集「RFK Funeral Train」からで、1968年のロバート・ケネディの遺体を運ぶ列車から撮影されたもの。
なんか歴史的な写真で当時のリアルな雰囲気がすごい。
アメリカでは大統領が死んでこんなに人が集まってきているけど、日本では絶対に集まらんやろうなぁ。
サイトにあるチェルノブイリの写真集とかもすごい迫力がある。

スポンサーサイト

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL