スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Man Ray


本名はEmmanuel Rudsitzky。
1890年8月27日に生まれ、1976年11月18日に他界。
アメリカのフィラデルフィラに生まれ。
ニューヨーク、パリ、ロサンゼルスと各地で過ごし最後はパリに戻り活動した。
画家、彫刻家、写真家として多くの作品を制作した。
写真ではレイヨグラフ、ソラリゼーションなど、さまざまな技法を用いたり、
同時代の芸術家のポートレートを得意とした。
また、ファッション雑誌などにも作品を残すなど様々な写真を残している。

今の時代だったら上の写真のような効果はパソコンで編集すれば簡単に再現することが出来ると思う。
けど、パソコンで加工してプリントしたものとはちょっと雰囲気が違う気がする。
今、こういう感じの作品が作られたら綺麗にまとまってるはず。
マン レイの写真は荒々しい。かなり実験的なにおいがする。
けど、それがおもしろいし、かっこいい。
パソコンで色々なことできるけど、逆にこういう荒い雰囲気を出すのは難しい。
やっぱりアナログはアナログのよそがあるんやと思った。

スポンサーサイト

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL